焙煎ワークショップ

2016.07.17
サムネイル

第10回目となるLIGHT UP COFFEE x FabCafeの人気コラボイベント。渋谷FabCafe2階のFabCafe MTRLで開催します。

富士珈機のDiscoveryという小型焙煎機で、参加者それぞれで好みに合わせて実際に焙煎を体験!
生産から焙煎までの流れの中で、その素材の風味をどう活かすか決める重要な焙煎工程。その焙煎体験を通してコーヒーへの理解を深めましょう。

レーザーカッターを使い参加者1人1人でオリジナルデザインのパッケージも作り、焙煎したコーヒーはすべてお持ち帰り頂けます。
自分で焙煎したコーヒー豆をプレゼントにもどうぞ!

 

焙煎に使うコーヒー豆

当日は次の2種類の中から豆をお選びできます。今回は同じエチオピアの同じ地域同じ精製所の、精製方法違いの2種類!比べてもとっても面白い2種類です。実際に指導のもと各参加者1人ずつ焙煎して頂きます。

ETHIOPIA Yirgacheffe Konga

ジャスミンやアールグレイの非常に華やかな香りと綺麗で穏やかなグレープフルーツのような酸味。

ETHIOPIA Yirgacheffe Konga NATURAL

イチゴヨーグルトのような甘さを伴う優しい酸味に、バラのような華やかな香り、後味に続くキャラメルの甘さ。

 

焙煎ワークショップの流れ

1、座学
コーヒーの生産から精製、焙煎、抽出と、手元までどう届くのか?焙煎の考え方についてもスライドとともに説明。また、2種類のコーヒーをカッピングという方法で飲み比べ、どちらを焼くか、どういった味に焼いていくかを決めます。

、実際に参加者1人ずつ焙煎
好みに合わせて指導のもと、データを取りながら焙煎します。できあがりは120gほど。待っている間にレーザーカッターで、オリジナルデザインのパッケージも作ります。

3、焙煎した豆を試飲
焼き上がった豆を全員で飲み比べし、焼き方でどう味が変わったのか、それぞれの焙煎の個性もシェアして楽しみます。
出来上がった豆はオリジナルパッケージに詰めてお持ち帰り!

 

png;base64e4a577db55df7ec0

▲富士珈機のDISCOVERYという焙煎機を使います。小型ながら機能は大きな業務用と変わらず、温度やガス圧、排気の調整で、細かく焙煎することができます。

 

12185424_553142638172002_1074508715966759307_o

▲まずは生産から消費までのプロセスの中での焙煎の役割と、具体的な焙煎の方法をスクリーンで紹介。

 

DSC_7848

▲温度・ガス圧・焙煎時間、この3つを調整して焙煎していきます。

 

DSC_7829

▲参加者1人ずつ、データを取りながら焙煎。

 

png;base64f5fb45529900dfeb

▲これが焼く前の生豆。今回は1人150gの生豆を使って焙煎します。

 

▲焼いた後の豆。水分は減って120-130gほどに。テイスティングしてすべて持ち帰り!

 

11999835_534714863348113_8205296031404585240_o

▲細かい疑問や質問にもなんでもお答えします。

 


募集終了しました

焙煎ワークショップ

場所
FabCafe MTRL / 渋谷
日時
2016.07.24 日 15:00-18:30
参加費
6,000円(FabCafeの1ドリンク・コーヒー生豆150g付)
定員
8名(先着順)(先着順)