シアトルとポートランドを巡って

2017.10.22
サムネイル

こんにちは、LIGHT UP COFFEEの川野です。先日、アメリカのシアトルポートランドに行ってきました。

セカンドウェーブであるStarbucks Coffeeが生まれたシアトル、サードウェーブの先駆けであるStumptown Coffeeが生まれたポートランド。コーヒーの文化としても意味を成しているこの2都市を訪問して個人的に感じたことを、今回は書いてみたいと思います。

 

スタバが生まれたシアトル

シアトルにはスターバックスコーヒーの一号店があります。シアトルのいたる場所にスターバックスコーヒーがあります。

そして2014年末には新しいコンセプトストアである“Starbucks Reserve Roastery & Tasting Room”がオープン。豪華な店内だけでなくスタッフのサービスも素晴らしく、スターバックス発祥の地を象徴するような店舗作りで驚きました。

 

▲総工費30億円以上と言われる、圧倒的な豪華設備の店内。

 

味で美味しかったのはワシントン大学の学生街にあるSLATE COFFEE。比較的浅煎りで、細かいロットのコーヒーを扱い、フルーティな風味が楽しめました。

 

▲SLATE COFFEEで飲んだエチオピアのエスプレッソ。

 

お茶を飲むか、飲まないか。

アメリカと日本のコーヒーの文化を支える違いは、もちろん食文化や国民性もあると思うのですが、「お茶文化があるかどうか」ということも1つの大きな要因だと思いました。お茶(紅茶)を飲むような日本や台湾などの国では、紅茶のようにクリーン華やかなコーヒーが、まだまだ広まってはいないものの、親しまれやすいのかなと思いました。

逆に紅茶をあまり飲まないようなアメリカでは、飲みごたえボディがあるコーヒーらしいコーヒーが、なんとなくですが受け入れられやすい気がします。

ポートランドのStumptown Coffeeでも飲みごたえがあるコーヒーがメインで、ポートランドで1番美味しいとも言われるHeart Coffeeも、しっかり甘いコーヒーを楽しむことができました。

 

▲1999年創業のStumptown Coffee本店。

 

▲2009年にフィンランド人がオープンしたHeart Coffee。シンプルなデザインと繊細な味。

 

スターバックスコーヒーが樽で熟成させたBarrel Aged Coffeeを推していたり、Fizzなどのオリジナルドリンク、シロップと合わせたラテなどがどのコーヒーショップにもあり、ビールやウイスキーなどのアルコールのアプローチに近い感覚も感じました。

 

▲Cold-Pressed Ginger FizzとCold-Pressed Americano。

 

世界のコーヒーと日本のコーヒー

この味が正解という味は、コーヒーには無いと思います。何が自分に合うか、どう楽しむか、何を信じるか。日本は日本独自の職人性のあるコーヒー文化の発展をしてきて、世界の中でも特にコーヒーの素材を楽しめる場所になってきていると思います。どのコーヒーショップも、とてもクリーンに、素材を活かす焙煎と抽出を探求しています。

透明感があるからこそ、産地ごとの個性を楽しめる。苦味なく優しい味だからこそ、飲みやすく違いが楽しみやすい。

 

▲LIGHT UP COFFEEも、豆ごとの個性を心地よく楽しめるよう微妙な追及を続けています。

 

その土地にあったコーヒーショップがそこにはあります。僕は海外のコーヒーショップを巡るのが大好きで、アメリカのコーヒーも魅力的でした。

でも、僕は日本のコーヒーが好き。

繊細で華やかで、微妙な味の差や質に魂を込める日本コーヒーショップ。日本人だからこそ、日本人が追求するコーヒーをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。