京都店オープンから1年を迎えて

2017.11.13
サムネイル

 

こんにちは。LIGHT UP COFFEE 京都店の末 勇磨です。
先日2017年10月22日で、京都店はオープンから1年を迎えることができました。

記事を書くのは初挑戦ですが、1年間お店をやらせてもらっての思いとこれからについてまとめてみました。

 

▶1年間たくさんのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございます!

 

素材がすべてのコーヒーを、京都で発信すること

私たちLIGHT UP COFFEEは、いろんな果実の風味がして、新鮮な酸味がして、優しい甘さの残るコーヒーを日本中のよりたくさんの人に知ってもらいたいといった想いから、日本で最も素材にこだわる文化的な「京都」を発信の場に選び、ちょうど1年前の2016年10月22日に2号店をこの出町柳に出店させていただきました。
 
コーヒーの国内消費量日本一という京都なだけあって、京都のコーヒー好きな人のご来店はもちろん多かったのですが、大阪や滋賀、遠いところでは北海道から九州まで、さらには海外の人など、これまで本当にたくさんの人が店舗まで足を運んでくださいました。

中には「東京にあるのは知ってたけど、京都にできたから来ましたよ!」というお客様もいらっしゃれば、LIGHT UP COFFEEのことは全く知らずにご来店いただいたお客様もいらっしゃいました。

 

▶”素材が伝わる”よう店づくりにもこだわった京都店。店に入った瞬間の多くのお客様から「いい香り!」というお声を聞くことができました。

 

京都に出店したことで、私たちの日本中のよりたくさんの人に知ってもらいたいといった想いは大きく前進することができたと、1年が経ち実感しています。ご来店くださった皆様に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

そして今では毎日のようにご来店くださる常連様や、学校の空き時間にご来店くださる学生さんなど、日常の中にありながら、私たちが伝えたいと思っているコーヒーの味を同じように楽しんでくださる方がこの京都店にもたくさんいらっしゃること、心から嬉しく思います。

 

本当にありがとうございます。

 

▶看板メニューの”飲み比べセット”はオープン当初から今もずっと人気です。

 

自己紹介 末勇磨です。

改めてLIGHT UP MAGAZINE に初登場なので、ちょっと自己紹介をしてみます。

LIGHT UP COFFEE京都店の末です。

 

私はもともとLIGHT UP COFFEEのお客さんでした。ファンになるきっかけは、まだオープン間もない吉祥寺店を訪れた時のこと。看板メニューである”飲み比べセット”を飲んで、その味わいに衝撃を受けたんです。
 

▶︎はじめて吉祥寺店を訪れた時の”飲み比べセット”のカードは未だにとってあります。特にエチオピアの味に感動しました。
 
その頃はもう自分自身すでにコーヒーが好きで、色んなお店の色んなコーヒーを飲んできたつもりでいましたが、こんなにもフルーティーなコーヒーは初めてでした。カードにはまさに感じた通りの風味の表現が書いてあってびっくりしました。
 
そこからLIGHT UP COFFEEのコーヒーに魅了され、関西からWEBショップでコーヒー豆を頻繁に購入していました。川野と相原に会った時には「WEBでずっと買ってくれてた人だよね!」とまず言われていたくらい、新しい豆が入るたび注文してました(笑)

最初は自分だけで楽しんでいたのですが、そのうち「この味わいを色んな人にも体験してもらいたい」と思うようになり、友人や知人にも飲んでもらっていました。
 

 
ずっとファンだったのですが、昨年LIGHT UP COFFEEが開催した”バリスタスクール”に参加したことをきっかけに、「自分もこのコーヒーを伝え、広めていく立場になりたい!」という想いを持つようになりました。

それが今LIGHT UP COFFEEでバリスタをしている理由です。

 

東京ではなく、京都で伝えることにやりがいを感じていますし、この地からよりたくさんの方にLIGHT UP COFFEEを知ってもらいたいです。

その中で大切にしているのは、自分がファンだった時の気持ちでコーヒーを淹れ、お伝えすることです。

「本当にレモンやピーチの味がするのかな」

「新しい豆はどんな風味がするのかな」

「この味、みんなに共有したいな」

自分がここのコーヒーを好きなんだという気持ちを表現できれば、どんな人にも伝わるコーヒーになると思っています。

 

そんな想いで1年間コーヒーを淹れてきました。

 

▶「バリスタになってきちんとコーヒーを伝えていきたい」と思うきっかけとなった”バリスタスクール”の様子。

 

2年目のLIGHT UP COFFEE KYOTO

個人的には、オープン当初は東京の店舗といかに同じ味・サービスを提供できるかを意識して、日々励んでおりました。

しかし人も違えば環境や文化も違います。同じようにやっていくことばかりが決して正解ではなく、それでは京都店の色や個性は生まれないと気付きました。
 
京都でしかできないこと、京都にあるからこそできることをもっと追求し、体現していくことが大切なんだと気付いてからは、私自信もお店としても少しは成長できたと思っています。

その中の1つとして、京都のシングルオリジンチョコレートショップDari Kさんとコラボし、オリジナルメニューを作りました。

 

▶Dari Kさんのクーベルチュールチョコレートとカカオニブを使用したエスプレッソドリンク”Craft Marocchino”。1周年を記念し提供スタート。たくさんの方に飲んで頂き大好評です。

 

1年目は本当にあっという間で、目の前のことで精一杯でしたが、2年目はイベント出店や他社とのコラボ・ワークショップの開催など、どんどん形にしていき、京都を代表するコーヒショップへと成長していきたいと考えています。

そしてこれからも、皆様のコーヒーの楽しみがみつかったり、コーヒーを通していろんな素材に興味が広がったりと、新しい発見が生まれるよう一生懸命私たちはお伝えします。
 
2年目も引き続き温かなご支援をどうぞよろしくお願いします。

 

LIGHT UP COFFEE KYOTO

末 勇磨
 
 

▶1周年当日は台風にも関わらずたくさんの方にお越しいただきました!とても嬉しいです!
足下の悪い中本当にありがとうございました!

 

LIGHT UP COFFEE 京都店

オープン:8:00 – 19:00

京都府京都市上京区青龍町252