ウォレカ エチオピア を入荷。

2018.02.20
サムネイル

ファンの多かった「カヨ エチオピア」にかわり、新しくフルーティなコーヒーがエチオピアより届きました。

 

ウォレカ エチオピア

熟した赤ブドウオレンジのような果実感と甘さ。紅茶のように軽やかで、ジューシーな口当たり。

 

WEBショップでもコーヒー豆は販売スタートです!

 

▲店頭ではドリップではもちろん、2月末までの間エスプレッソでもご用意しています。

 

▲ウォレカでつくるラテは最高。コーヒーが苦手でもきっと楽しめる、フルーツミルクのような甘さと香りをぜひお試しください。

 

 

果実味たっぷりのナチュラルプロセス

このウォレカは、ナチュラルプロセスという精製方法でつくられた、香り豊かなコーヒーです。

一般的には、農園で収穫されたコーヒーチェリーから種を取り出し、洗って乾かす「水洗式」でコーヒーは精製されます。

ただ、エチオピアでは伝統的に、チェリーのまま乾燥させて最後に脱穀して種を取り出す「ナチュラルプロセス」という精製方法でもコーヒーが広く生産されています。

 

▲アフリカンベッドと呼ばれる乾燥台にチェリーを並べる様子。このまま20日ほどで乾燥が終わり、機械で種を取り出します。

 

果肉ごと乾燥させるので、独特の発酵が進み、まるでストロベリーやぶどうのようなフルーティな風味になることが特徴です。

驚きのあるエチオピアのナチュラルプロセスコーヒーを是非お楽しみください。

 

豆の情報

“WOREKA ETHIOPIA”

生産地: Yirgacheffe, Gedeo, Woreka

生産者: small farmers in Yirgacheffe

生産者組合: Y.C.F.C.U

標高: 1,600 – 2,000m

精製方法: Natural

品種: Ethiopian Heirloom

乾燥: 20 days Sun Dry on African Bed

 

コーヒー豆WEBショップはこちら

 

透明感のある、とても甘いウォレカ。ぜひお楽しみください。