バレンタインコーヒー「ナンシー」を入荷しました!

2019.02.09
サムネイル

バレンタインのイメージに合わせて選んだ、甘さたっぷりハニープロセスのコーヒー。

本日から販売スタートしました。

 

ナンシー コスタリカ

黄桃のようなとろみのある明るい果実味と、ココアミルクチョコレートのような、濃厚で後味まで長く続く甘み。

 

 

▲コーヒー豆は黒色限定パッケージでご用意しました!

 

▲エスプレッソも”NANCY”で。コーヒーの甘さたっぷりのラテは最高におすすめです。

 

 
コスタリカのウエストバレー、ジャノ・ボニート地区にある、ペティサ農園で生産されている、このコーヒー。この地域は、もともと朝晩の冷え込みが激しく、コーヒー栽培には寒すぎると言われている場所でした。

ただ最近になって、その厳しい気候が風味の詰まったコーヒーを生み出すことが分かり、品評会上位に入る生産地として注目を浴びはじめました。

 

 

ペティサ農園で完熟したコーヒーチェリーを摘み取った後、コーヒーチェリーはエルサル精製所へと運ばれ、最新の機械で皮むきされます。

水圧でコーヒーの種の周りの「ミューシレージ」と呼ばれる糖分の層を70%ほど取り除き、30%はこの糖分の層が残ったまま乾燥へと移します。

 

 

乾燥では、霧から守るためにビニールハウスの中で、7日かけ乾燥させます。

甘い層を残しながら乾燥したコーヒーが黄色く仕上がることから、イエローハニープロセスと呼ばれている精製方法です。

 

寒い地域での作られたコーヒーの甘みを、ハニープロセスでより際立たせたこの「ナンシー」。

冬の季節に、ぜひこの濃厚な甘さをお楽しみください。

 

 

 

コーヒー豆情報

 

“NANCY COSTA RICA”

生産地: Llano Bonito, West Valley

農園: La Petisa

農園主: Nancy Morales

精製所: Helsar de Zarcero

精製所主: Ricardo Perez

精製方法: Yellow Honey

品種: Caturra

標高: 1,600m

 

コーヒー豆WEBショップ: https://lightup.stores.jp