コーヒー生産者のローランとジョシュと一緒に、東京コーヒーフェスティバルに出展しました。

2019.04.24
サムネイル

こんにちは、LIGHT UP COFFEEの川野です。

 

先日4/13-14の土日に青山のファーマーズマーケットで開催された”Tokyo Coffee Festival”では、私たちはコーヒー生産者をお招きして、ブースにて一緒に彼らのコーヒーを提供いたしました。

これは初めてのことで、私たちにとってもドキドキでわくわくで、最高に楽しい2日間でした。

 

今回来日してくれたのは、ベトナム ダラットのコーヒー生産者、ローランとジョシュ。

ローランはコホ族という少数民族で4代目女性農園主。夫のジョシュはアメリカ出身で、彼女のコミュニティを、コーヒー生産の向上と拡大でサポートしています。

 

▲写真左がジョシュ、右がローラン。

 

私たちは3年前に彼らと出会い、そこから生産に必要な設備などもサポートしながら、一緒により美味しいコーヒーを作り続けてきました。

そして今年ついに、新しい発酵プロセスを採用したコーヒーが完成して、そのお披露目に彼らを東京まで招待しました。

 

 

▲コーヒーフェスは2日間とも快晴で超満員でした!

 

「初めての東京は最高に楽しかった。特に、飲んでくれるお客さんの笑顔を間近に見れて、直接お話もできて、作ってる私たちのことを知ってもらえて本当に良かった。」

とローランは嬉しく話してくれました。

 

消費国の人が生産地に行くことは多いけども、生産者が消費国に来ることは多くはなく、そっちの方が生産者にとって良い刺激になると私たちは思います。

どんな人がどんな風に自分たちのコーヒーを飲んでくれているのか。

 

▲竹の民族楽器をブースで演奏するローラン。

 

「お米を食べるときすら生産者のことを想像してみてほしい。」

そうイベントで彼女は話します。

「これは私たちが作ったコーヒーなんだよ!」そんなプライドをもって、飲んでくれる人ともっと繋がりたい、そんな思いが彼女たちからは感じられました。

 

▲Coffee connects people. コーヒーは人をつなぐ。下北沢店で開催したイベントでも。

 

いろんな日本食も一緒に楽しみました。

地下鉄も、お蕎麦も、お寿司も。

 

東京のコーヒーシーンにも感動してくれました。

 

 

「もっともっと頑張らないと。」

コーヒー業界の盛り上がりを見て、彼女たちはそう意気込んでいました。

 

その気持ちは私たちも同じです。

 

 

COAの取り組み

 

Tokyo Coffee Festivalでは、”COA”(=Cup of Asia)と題してアジアのコーヒーにスポットライトを当て、コーヒー生産やストーリーのトークイベント、テイスティングイベント、コーヒー生豆の販売会、オークションなどを、ローラン、ジョシュ、そして海ノ向こうコーヒーの安田さんやイエメンのコーヒー生産をサポートするタレックさんと一緒に行いました。

 

▲2日間お昼に開催したトークイベント「アジアのコーヒー生産のいま。」は両日超満員でした。

 

アジアという場所は、実は環境や品種においてもポテンシャルにあふれ、日本人にとって同じアジアとしてとっても親近感を持って楽しめるコーヒー生産地です。

 

どんな暮らしをしているのか、どんな場所なのか、きっと想像もしやすく、その裏側の「人」の思いも、より身近に感じることができるコーヒー。

そんなアジア産のストーリー溢れる美味しいコーヒーを、この東京で発信する、それが今回のCOAの大きな意義でした。

 

 

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございます!

 

COAオークション結果

 

4/13の夜に開催した、アジアのスペシャルティコーヒーだけを揃えたオークションでは実際に4種類のコーヒーを、次のような結果で落札していただき終了いたしました。

 

①イエメン
Qaed Allobain Nano Lot (カエド アルバイン ナノロット)
最終価格:10,600円/kg

②イエメン
Fawaz Nano Lot (ファワーズ ナノロット)
落札者:THE ROASTERS さま
最終価格:10,000円/kg

③ベトナム
Rolan & Josh Typica Natural (ローラン ジョシュ ティピカ ナチュラル)
落札者:悟理道珈琲工房 さま
最終価格:2,100円/kg

④ベトナムRolan & Josh Catimor Natural (ローラン ジョシュ カティモール ナチュラル)
落札者:cafe 七草 さま
最終価格:1,900円/kg

 

アジア産のコーヒーにご興味を持ってくださり本当に嬉しい限りです。

オークションにご参加していただいた皆様、そして見事落札していただいた、THE ROASTERS様、悟理道珈琲工房様、cafe 七草様ありがとうございます!

 

 

ローランとジョシュのコーヒー

 

実際に今回Tokyo Coffee Festivalで飲み比べで提供させていただいていた、ナチュラルプロセスのコーヒーはWebショップでも数量限定で販売しています。

 

▲クランベリーやパイナップル、パパイヤやスイカのような様々な果実味が駆け巡る、サイダー酵母発酵のスペシャルロット。

残りある限りですので、ご興味のある方はお早めに…!

ベトナム産コーヒーの本気をぜひ楽しんでいただきたいです。

 

商品ページはこちら

 

 

 

 

これからも私たちは、アジア産の美味しいコーヒーを発信し続けてまいります。

産地での農園ツアーなども企画する予定です。

 

アジアだからこそ、一番身近な産地のコーヒーを、もっともっと楽しんでみませんか!

 

 

川野優馬

LIGHT UP COFFEE