バリ島コーヒー農園ツアー 参加者募集

2019.06.22
サムネイル

 

大人気のため日程を追加しました!!

—-

コーヒーチェリーはどんな味で、コーヒーはどんな風に作られて、どうやって美味しくなるのでしょうか?

 

2日間コーヒー農園に滞在して、実際に種まき、収穫、精製を体験しながら、コーヒー生産について学び、そして生産地の課題美味しさの秘訣を体感する「コーヒー農園ツアー」をインドネシア バリ島で次の2回の日程で開催します!!

第一回:2019年8月6日(火)〜8日(木)

第二回:2019年8月13日(火)〜15日(木)

 

一度コーヒー農園に行ってみたい方、コーヒー生産について実際に目で見て手で触って知りたい方、農家さんの暮らしや生き方を見てみたい方、生産段階での質への工夫を学びたい方、ただただコーヒーが好きな方、どなたでも大歓迎です!!

 

▲「コピヨール」という現地種。実際に収穫体験からやりましょう。

 

 

聖なる山バトゥールの麓の精製所

 

コーヒー生産量世界第4位のインドネシア。日本からフライト時間も短く、中南米やアフリカに比べて比較的安価で渡航もできます。文化も近くて、ナシゴレンなどのインドネシア料理も美味しく、治安を見ても日本人も安心して滞在できます。

 

私たちは3年前からここで現地の生産者さんと一緒に、インドネシアで一番美味しいコーヒーを目指してスペシャルティコーヒー生産に取り組んでいます。

昨年2018年には精製所も建設し、自分たちの手でマイクロロットのシングルオリジンコーヒーの生産をはじめました。

 

▲バトゥール山麓のコーヒー精製所。チェリーの皮むき、発酵、水洗、乾燥までここで行います。

 

▲コーヒーの風味はどう生まれるのか?実際に精製の全行程を体験します。

 

 

古い木が育つバリの農園

 

精製所の周りには、たくさんのコーヒー農園が並びます。プランテーション型の大規模な農園というよりも、オレンジやバナナなど様々な作物と一緒に育てる小規模の農園が周りには多くあります。

標高は約1,300mほど。バトゥール山は活火山で、土壌も非常に肥沃。夏でも涼しい農園の中で、コーヒーの木は育ちます。

 

▲コケの生えた、樹齢30−40年の木。コーヒーチェリーはどんな風に実っていてどんな味なんでしょう?

 

▲熟したコーヒーチェリーは宝石のよう。今回のツアーでは参加者全員でコーヒーを収穫します。

 

ガイド

 

川野優馬

LIGHT UP COFFEE代表

 

生産から焙煎、抽出まで、コーヒーのいろんなお話をしながら、皆様をバリ島の森へとご案内いたします。

 

 

ツアーについて

 

本ツアーはインドネシア バリ島で行います。定員は10名の予定。

お好きな日程で航空券を取っていただき、現地集合現地解散でガイドを行います。

前乗りしてバリ島の観光を満喫してもOK、解散後数日残って観光してもOK。

 

夜は精製所の隣に建設しているドミトリー型ホステル、通称“Farmers House”に宿泊します。

 

食費等必要な費用は全て含まれておりますが、航空券だけ各自お好きなものを購入していただく必要があります。

 

海外初めての方もいらっしゃると思いますので、ご参加の方には比較的安い航空券や買い方などもご案内しますのでご心配なく。

 

▲現地の生産者と一緒に生産体験をしましょう。

 

 

スケジュール

 

2019年

DAY1 : 8月6日(火) or  8月13日(火)

15:00 インドネシア バリ デンパサール空港で集合。車で移動。

(12時-13時到着の格安航空券も多いです。前乗りの方はこの時間までに空港に来ていただければ大丈夫です。)

18:00 バトゥール 拠点としているカフェに到着。夕食。

 

DAY2: 8月7日(水) or 8月14日(水)

8:00 山の見えるカフェで朝食。朝のコーヒー。

9:30 農園へ行きコーヒーチェリーの収穫体験。農園のお話。

11:00 コーヒーの種まき体験

12:30 ランチ。

14:30 精製所で精製体験。皮むきから発酵まで。

18:00 夕食。

 

DAY3: 8月8日(木)or  8月15日(木)

8:00 朝食。

9:00 カッピング(コーヒーのテイスティング)

10:00 精製の続き。水洗から乾燥まで。

12:30 ランチ。

13:30 コーヒーの焙煎・抽出のお話、体験。

15:00 出発。

18:00 デンパサールに到着。解散。

 

▲空港があるデンパサールから北へまっすぐ。バトゥールの山の麓、キンタマーニ高原のカフェを拠点にコーヒー生産体験を行います。宿泊施設も精製所も農園も歩いていける範囲にあります。

 

▲バトゥール山を望みながら精製。

 

▲拠点にするカフェ。眺めは絶景中の絶景。コーヒーのテイスティングもここで行います。

 

▲カフェからの眺め。

 

 

 

バリヒンドゥー教を中心に、独自の文化・歴史があるバリ島。自然崇拝や流れに身をゆだねるような意識。ビーチリゾートが有名ですが、実は北部の自然豊かな地域にこそ、バリの魅力が詰まっています。

そんなバリ北部のバトゥールを舞台に、2日間のコーヒー農園ツアーを人数限定で行います。

 

ご参加はお申し込みの早い順で受け付けます。

ご質問などございましたら、LIGHT UP COFFEE 川野のInstagram (@yuma_lightup)、もしくはTwitter (@yuma_lightup)のDMにてお気軽にご連絡ください。

 

経験問わずどなたでもご参加ください。

お申し込みお待ちしております!

 

ご参加のお申し込み・ツアーのご購入はこちらよりどうぞ。

 

参考

 

バリ島に滞在してきたときの様子、記事まとめていますので、合わせてぜひ。

 

宮崎弘隆の精製所レポート – バリ島にできた新しい精製所

http://lightupcoffee.com/magazine/4128/

 

宮崎弘隆の精製所レポート2 – コーヒーの品質改善

http://lightupcoffee.com/magazine/4160/

 

宗像真奈美の精製所レポート – バリ島の農家の暮らし

http://lightupcoffee.com/magazine/4185/

 

相原民人のコーヒー農園訪問記

http://lightupcoffee.com/magazine/3831/

 

 

2018年にバリ島のこの精製所に訪問してきたときの写真はこちらにまとめています

https://flic.kr/s/aHsmnbzcQa