精製方法による味の違い

2018.09.10

コーヒー生産で最も大切な、「精製」による味の違いを楽しもう。

 

ウォッシュト・ハニー・ナチュラルなどの代表的な精製方法のコーヒーを揃えたテイスティングセミナーです。

生産地でのそれぞれの精製の流れや、なぜそんな風味になるのか、そしてそれぞれの個性の解説もしていきながら、コーヒーの精製方法を学びます。

 

▲収穫したコーヒーチェリーから種を取り出して乾かすまでの精製工程。その方法によって風味が大きく変わる、とても大事な後処理の工程です。

 

精製方法による味の特徴を知り好みのコーヒーをもっと選びやすく、そして生産地の仕事も知ってもっと深くコーヒーを楽しんでいきましょう。

 

▲精製方法違いのコーヒーを並べて、解説をもとにわかりやすくテイスティングします。

 

セミナーの流れ

1、座学

資料をもとに、精製方法の紹介、それぞれの工程での仕事と味の特徴を解説します。

 

2、テイスティング

代表的な3つの精製方法を2種類ずつ、合計6カップのコーヒーをテイスティング。産地が違っても精製方法が同じな2つを比べることで、その精製方法の共通点がわかります。それぞれの味の違いを楽しみましょう。

 

 

▲生産地で品質を決める一番大切な「精製」を知らずには、コーヒーの風味は語れません。

 

店頭でコーヒーを選ぶ時にまず第一のじょうほうにもなる精製方法の違いを正しく知って、好みの味を選べるようになったり、コーヒーのストーリーももっと楽しんでいける、産地の話も盛りだくさんのテイスティングセミナーです。


参加お申し込み

精製方法による味の違い

日程: 2018.12.16 日 11:00-12:30

場所:

参加費: 2,500円

定員: 6名(先着順)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご参加人数

コメント