コーヒーのフレーバーをとらえる

2018.12.17

フレーバーごとのコーヒーを集めた特別テイスティングセミナー。

フレーバーを形作る「香り」「味」を別々に理解して、コーヒーの風味の印象を学びます。

 

ベリー・シトラス・ナッツのようなフレーバーがするコーヒーを、それぞれ4種類ずつ用意して味わいます。「あ、これがベリーのフレーバーなんだ。」「これが柑橘のようなコーヒーなんだ。」と、共通点からフレーバーの特徴がはっきりわかるように目指します。

 

▲1つ1つのコーヒーが持つ、香りや味などの個性をもっと楽しみましょう。

 

 

違う産地や精製方法でも、似たようなフレーバーがあります。コーヒーのフレーバー個性の違いに特化したテイスティングセミナーです。

 

コーヒーのテイスティング「カッピング」のやり方から、味・香りをとらえるポイントまで1から説明しますので、テイスティング初めての方でも大歓迎です。

 

▲特徴ごとのコーヒーを集めて、まとめてテイスティング。

 

 

セミナーの流れ

 

1、座学

味とは?香りとは?口当たりとは?酸っぱい、甘いの感じ方。風味とは?資料をもとに、「フレーバー」について、質問を交えながらわかりやすくしっかりご説明します。

 

2、テイスティング

フレーバーの特徴が似たコーヒーをまとめてテイスティング。今回はベリー・シトラス・ナッツの3種類のフレーバーでコーヒーを集めました。同じグループのコーヒーの共通点から、フレーバーをつかみ、そしてその先のコーヒーごとの微妙な違いまで感じてみましょう。

 

 

産地ごと、作り手ごとに微妙に個性の違う「シングルオリジン」のコーヒーは、生産の結果がダイレクトにフレーバーに表れているので、どのコーヒーを飲んでもそれぞれが魅力的で、ユニークで、発見と刺激があります。

 

そんな、コーヒーの個性を楽しめるようになって、コーヒーの面白さを一気に広げる、スペシャルなテイスティングセミナーです。


参加お申し込み

コーヒーのフレーバーをとらえる

全ての募集は終了しました。