LIGHT UP COFFEE 仲間募集

2018.01.10
サムネイル

2021年6月現在、採用を再開しました。


 

LIGHT UP COFFEEでは、コーヒーの魅力を伝えていく仲間を募集します。

一緒にワクワクしながら、コーヒーの新しい価値、新しい文化を発信していきませんか?

 

スキルや経験は問いません。熱意されあれば。どなたでもご応募ください。

 

 

LIGHT UP COFFEEが大切にしていること

LIGHT UP COFFEEは

美味しいコーヒーを通して生活を豊かに明るく照らす(=ライトアップする)こと」

をコンセプトにした、自家焙煎コーヒーショップです。店舗は吉祥寺と、下北沢とにあり、すべての焙煎は下北沢店の国産焙煎機にて行なっています。

 

コーヒーはシングルオリジン(=単一産地)のコーヒーを扱い、中南米、アフリカ、アジアなど世界中の生産地の中から、特に風味が豊かで魅力あふれるコーヒー豆を選び仕入れ焙煎しています。

 

シングルオリジンコーヒーや、スペシャルティコーヒーへの解釈、思いはこちらの記事をぜひご覧ください。

コーヒーの知識 Vol.1 – スペシャルティコーヒーの魅力と価値

 

私たちはコーヒーの味をつくるわけではなく、「伝える」ということにフォーカスしています。0→1の美味しさをつくるのは生産者であって、そのコーヒーの個性や魅力が最も心地よく日常的に伝わるよう、私たちは焙煎や抽出で個性を整え橋渡ししています。

日常性と個性の両立をテーマに、焙煎や抽出においてのQC(=クオリティコントロール)では、バランスと個性の2軸でコーヒーの品質を評価・改善しています。明日も飲みたいと思えるバランスや優しさがあるかどうか、一方で豆ごとの違いや品種や精製方法、環境に起因する個性ある風味が明確に心地よく感じられるかどうか。その一見矛盾するバランスと個性を両立させることを意識して、焙煎、抽出を行っています。

 

技術的な面では、再現性を大切にしています。すべての美味しさには理由があります。たまたまおいしくなった、ということが無いよう、焙煎では温度や時間、豆ごとの密度や水分量などの記録を基に毎週すべてのコーヒーを焙煎後の時間経過ごとにテイスティングし、どの数字をどう変化させる改善が理想か徹底的に議論しながら、さらに美味しいアプローチを常に追求し続けています。

抽出でも同じように、まずはバリスタは論理的なレシピ調整を身につけます。濃度と抽出率を分けて捉え、豆ごとの個性を掴めるようカッピングを重ね、どのような濃度で提供するのが適切か、そして抽出したコーヒーの抽出率は適切かどうかを確認して、毎日美味しいコーヒーを伝え続けられるようにしています。もちろんレシピでは、グラインドサイズ、時間、重さといった計測できる数字はできる限りはかりながら、ブレなく「毎日おいしく出しつづけられるコーヒー」を目指しています。

 

私たちの論理的なアプローチについてはこちらの記事をご覧ください。

コーヒーの知識 Vol.6 – 美味しさへの論理的なアプローチ

 

 

LIGHT UP COFFEEの取り組み

– 伝わるコーヒー体験

LIGHT UP COFFEEの店舗では、どうやったらコーヒーの魅力が届き日常に根付いてもらえるかを考えながら、コーヒーを伝えています。例えば、コーヒーに詳しくない方でも豆の種類を選べるように、豆のカードのデザインも一番大きいタイトルを”FLORAL”や”SWEET”といった風味の方向性を記したり、覚えやすいように風味のイメージを色と動物にしたり。吉祥寺店の看板メニューとしてはじめての方には3種類のシングルオリジンコーヒーを同時に飲み比べしていただける「飲み比べセット」をおすすめしたりしています。

代表川野が考えているバリスタという仕事について、こちらのnoteにまとめてあるのでよかったらご覧ください。

「バリスタという仕事。」

 

– オンラインショップとコーヒーの新商品

お店に来ていただけなくても私たちが思うコーヒーの魅力を伝えるために、LIGHT UP COFFEEではオンラインショップにも注力しています。コーヒー器具を持っていなくても楽しめる、ティーバッグ式の「コーヒーバッグ」や、豆の好みが分からなくても飲み比べして味の違いを楽しめる50g x3種類の「飲み比べセット」を軸に、気に入っていただいた方には毎月おすすめの3種類を届ける定期便をおすすめしています。定期便では毎月、旬のコーヒーをわくわく楽しんでいただけるよう定期便の限定ロットを用意したり発売前の豆を先行でお届けしたり、コラムを書いたポストカードなどを同封したり、楽しいコーヒーの日常を作ろうと工夫しています。

 

同じよう、お店のバリスタがつくる淹れたての美味しさを、遠くの方にもお届けできるよう、新鮮なエスプレッソを急速冷凍・真空化した「エスプレッソキューブ」を新しく2020年のコロナ禍より販売し、メディアにも多数取り上げられ、テレビ東京のWBSのトレたま年間大賞にもノミネートしていただく反響でした。

また、コーヒーに対して少しの興味がある方にも魅力を届けるために、コーヒーのお菓子の製造・販売も行っています。これまでは、王様のブランチにも紹介された「珈琲カヌレ」をはじめ、「コーヒーゼリー」、「コーヒープリン」、「コーヒーのためのガトーショコラ」、「コーヒーコーラ」なども販売してきました。

最終的に届けるのはコーヒーのある日常の豊かさですが、コーヒー豆から毎日淹れるという体験の魅力を伝えるために、階段を1段ずつつくり、気軽なところから順番にシングルオリジンのコーヒーの体験までつなげようと取り組んでいます。

 

– セミナー・スクール事業

コーヒーを伝える、そのためにコーヒードリンクや豆などのモノを届けるだけでなく、これまで多数のセミナーを開催してきました。「ドリップセミナー」「エアロプレスセミナー」「カッピングセミナー」「カフェラテワークショップ」「焙煎セミナー」など、多い時には年間で300回近くセミナーを開催する年もあるほど、とにかくコーヒーの楽しみ方や魅力、知識を伝えたいと活動してきました。

2019年には8週連続でバリスタの技術が体系的に学べる「BARISTA SCHOOL」を開講し、2021年にはコーヒー屋のスキルが誰でも学べる月額制の「COFFEE SCHOOL」もスタートいたしました。私たちが取り組み理論化してきたことをオープンにし、コーヒーに興味を持っている方がよりコーヒーのことを好きになり、活動していけるための仕組みもつくっています。

 

– アジアでのコーヒー生産

LIGHT UP COFFEEはアジアでのコーヒー生産、品質向上に取り組んでいます。2017年からベトナムのダラットにあるコーヒー生産者RolanとJoshの生産をサポートし、収穫後の発酵方法の研究や、乾燥施設の建築拡大、TOKYO COFFEE FESTIVALに招待して一緒にブースでコーヒーを販売、アジア産のスペシャルティコーヒーとしてオークション”CUP OF ASIA”の開催なども行ってきました。

2018年にはインドネシアのバリ島に精製所を建設し、ローカル品種であるKOPYOLのコーヒーを新たな精製方法で美味しくしようと収穫方法のトレーニング、精製方法のトライアルとトレーニングなどを行い、風味豊かなコーヒーを生産できるようになりました。今では50ほどの生産者が生産者組合として加入していただき、チェリーの買付から精製までを現地メンバーが行っています。

他にもラオス、ミャンマー、ネパール、台湾、タイ、インドネシアの他の島(ジャワ、スマトラ)などの農園・精製所へ行き、アジア産のコーヒーを世界レベルに美味しくしたいと、農園作りや精製の改善などに取り組んでいます。

 

– コーヒー農園の体験の提供

コーヒー農園の景色、収穫から精製までの体験、現地の食事、どれを取っても楽しいもので、身近なアジアだからこそこの体験を日本の多くの方に伝えたいと、2019年よりコーヒー農園ツアーをベトナムとバリ島で開催し始めました。バリ島にはツアーのための宿泊施設まで精製所の横に併設し、3泊4日などで農園の仕事や1杯のコーヒーができるまでの全ての工程を実際に体験していただく機会をつくりました。

2020年以降はこの体験を遠隔にいながらでも楽しめるような、「コーヒー農園オーナー制度」も開始し、2021年夏にはバリ島のコーヒー農園のバーチャルツアーまで企画しています。

コーヒーの生産を知るだけでなく、チェリーの味や、発酵中のコーヒーの香り、豆の質感など、まさに五感でコーヒー生産を楽しみ、その魅力を印象に残る形でお伝えしています。

 

– 美味しいコーヒーを楽しめる新たな場作り

また、コーヒーを美味しく楽しめる場所を日本にもっと増やそうと、カフェ・飲食店様へのコーヒー豆の卸販売や、トレーニング、カフェの立ち上げや企画なども行っています。

 

私たちLIGHT UP COFFEEは、美味しいコーヒーを伝えることに対して、楽しく、新しいアプローチも考えながら、真剣に取り組み続けています。

 

募集内容

バリスタ

勤務地: 東京 吉祥寺 / 東京 下北沢  の中からシフト状況に応じて

雇用形態: まずはアルバイトより、希望者は社員登用を見据えて。

仕事内容: コーヒーの抽出、接客、豆の発送などの店舗業務。後にはクオリティコントロールや、焙煎、新商品や新施策なども。

勤務日数: 週3〜4日。

条件: 今回の募集では学生アルバイト不可。社員としてコアメンバーとなり、フルコミットで長く働く意思のある方 を今回は募集します。一緒にコーヒーの価値を世の中に広めていくことにやる気のある方、コーヒーへの強い思いのある方の意思を尊重します。コーヒーの経験は問いません。コーヒーに本気で向き合い、世界を変えてみませんか?

 

東京の店舗でのバリスタ募集にご興味のある方は、

・自己紹介、プロフィール(やっていること、コーヒーを好きになったきっかけ、最終学歴、最寄駅、趣味などご自由に)

・今まで頑張ってきたこと

・今までの職場、仕事でどんなこと大切にしてきたか?どんなことをこの仕事で大切にしたいか?

・なぜLIGHT UP COFFEEなのか?

・LIGHT UP COFFEEでやりたいこと(勉強した先、仕事として何をアウトプットしたいかをお伝えください)

・好きなこと(コーヒーの他の趣味などご自由に)

・勤務していたい期間はどのくらいか(何年間、こんな状態になるまでなど目標イメージがあれば)

・顔写真(お顔がわかれば形式はなんでもOKです)

・SNSアカウント

を添えて

join@lightupcoffee.com

までご連絡ください。

 

お人柄や考えを一番知りたく思いますので、フォーマットにとらわれずご自由にお送りいただけたらと思います。

(メールのお返事に1-2週間ほどお時間をいただく場合がございます。)

 

また、バリスタではない関わり方でご興味がある方は、ぜひお気軽にご提案ください。

 

 

 

 

生産者を大切にしたコーヒーを楽しむ人が増えるほど、生産者に対価が渡りコーヒーを持続して作ってくれる、正の循環が生まれるはず。

作り手も飲み手も豊かになる「美味しいコーヒー」をもっと広めるために、LIGHT UP COFFEEでは新しい企画や試みを考えています。

 

LIGHT UP COFFEEで一緒に働くことにご興味のある方、ご連絡お待ちしています!