ブルンジより爽やかなガスラ精製所のコーヒーが届きました

2020.08.10
サムネイル

GASURA – BURUNDI

 

爽やかなコーヒー。オレンジのようなみずみずしさと、ハーブのような華やかさ。完熟ブドウのような甘い後味。

生産地: Kirundo Province

精製所: Gasura CWS

経営会社: Kahawa Link Company

生産者: 1022 smallholders

精製: Washed

標高: 1,665m

品種: Bourbon

 

コーヒー豆WEBショップ: https://lightup.stores.jp/

生産ストーリー

ガスラウォッシングステーションはブルンディ中部のキルンドというエリアに位置する精製所。カハワリンクカンパニーが所有している7つの精製所の1つです。コーヒーの栽培に適したこの場所では年間平均降水量は1500mmから1800mmあり、豊かな土壌、周辺地域を流れている川や湖、そして生物多様性に富んでいます。

1022もの小規模農家さんがその日に摘んだ完熟のコーヒーチェリーがガスラCWSに持ち込まれます。コーヒーチェリーは果肉除去器にかけられ、そこから12−16時間発酵処理がなされます。

発酵が終わると選別が行われた後、天候に応じて一定期間アフリカンベッドの上で乾燥させます。その後、パーチメントコーヒーはクリーンで風通しの良 い倉庫に貯蔵されます。

とっても爽やかだけど複雑なフレーバーを持つガスラのコーヒーを是非お楽しみください。