9月定期便限定、エチオピア カヨマウンテンのコーヒー

2020.09.07
サムネイル

KAYO – ETHIOPIA

甘い果実の香り。八朔のような果実味とダージリンティの上品な香り。後味は甘く、冷めてくると桃のような印象。

 

生産地: Shakiso, East Guji, Oromia

農園: Kayon Mountain Farm

生産者: Ismal Hassan

標高: 1,900-2,200m

精製: Natural

品種: 74110, 74112

 

9月の定期便限定商品です。一般販売はございません。

生産ストーリー

カイヨンマウンテンコーヒーファームは、500 ヘクタールの敷地に約 300 ヘクター ルのコーヒー畑を持ち、2012 年からイスマエル・ハッセン一家が所有・運営してい ます。アディスアベバから南に510kmのところに位置し、敷地はオロミア地方、 シャキソ・グジ地区にあるタロ村とセワナ村の境界を越えています。イスマエル氏 は25人の正社員と300人の季節労働者のスタッフを管理しており、農場の経営者は 無料の送迎サービスを提供しているほか、コミュニティのために学校や管理棟を建 設するための資金援助も行っています。この農場は季節労働者を求めて近くの鉱山 村と競合しているため、イスマエルと彼の家族は、彼らが毎年戻ってくるようにイ ンセンティブを与えるため、摘み取り労働者に高い賃金を支払う傾向があります。 カイヨンマウンテン農園には苗床があり、アカシアなどの木陰を利用してコーヒー を保護したり、堆肥を作って自然に肥料を与えたりしています。イスマエル氏は農 園の構造や管理だけでなく、収穫や加工にも細心の注意を払っています。この農園 では、ナチュラルロットとウォッシュドロットの両方が生産されています。