優しい甘さと華やかさのブルガ

2020.12.27
サムネイル

BURGA – ETHIOPIA

フローラルなコーヒー。柑橘を思わせるみずみずしい香りと桃のような果実感。優しく広がる質感も心地いい。

 

生産地: Burga, Nensebo, Oromia

精製所所有: in Partnership w/ Primrose S.P. PLC

精製管理者: Ato Girma Wondimu

生産者: Smallholders

標高: 1,850-2,350m

精製: Washed

発酵時間: 66-72時間

品種: JARC 74 selections

輸出業者: Primrose

 

定期便限定商品です、一般販売はございません。

生産ストーリー

このコーヒーが育てられているのはオロミア郡ブルガ町周辺のたくさんの農園。コーヒーチェリーを持ち寄る周辺農家さんのほとんどが1ヘクタール以下の小さな土地を有していて、コーヒーだけを育てています。コーヒーは通常サツマイモやマンゴー、アボカドなどの自給作物を一緒に育てられることが多いのですが、この地域の農家さんはコーヒーに集中して生産を行っています。

この地域で生産されるコーヒーはほとんどが100%オーガニック。というのも認証を得ているわけではなく、ただほとんどの農家さんが化学肥料、殺虫剤や除草剤を買うお金を持っていないためオーガニックで生産されているんです。

1日に一回コーヒーチェリーが精製所に集められます。収穫されたその日のうちにハンドピックされて重さで選別されます。その後発酵タンクに移され気候によって66−72時間発酵されます。発酵が終わると清潔な水で洗われたのちアフリカンベッドで乾燥処理がなされます。しっかりと乾燥しきるまで毎日正午から午後3時までは直射日光を防ぎ定期的にかき混ぜられます。

品種のJARC 74 selectionsとは、Jimma Agricultural Resarch Centre1974年に広められた品種のこと。Jimma Agricultural Resarch Centreは、エチオピアのおいしいコーヒーの品種や、育ちやすく広めやすい品種の研究を行う研究機関。おいしく、育ちやすい品種としてJARC 74 selectionsがイルガチェフェ地区では多く広められています。