エキゾチックなフレーバーを持つプロヴィデンシア

2020.12.27
サムネイル

LA DIVINA PROVIDENCIA – EL SALVADOR

エキゾチックなコーヒー。スイカやパッションフルーツの果実感。ラズベリージャムやボンボンショコラの甘さ。滑らかな質感。

 

生産地: Palo de Campana, Apaneca, Ahuachapan

農園: La Divina Providencia

生産者: Roberto Ulloa

受賞歴: COE#11 2018, COE#1 2020

標高: 1,550-1,830m

精製: Natural

品種: SL28

 

福袋限定商品です、一般販売はございません。

生産ストーリー

ディビナ プロヴィデンシア農園は、グアテマラとの国境近くの カントン パロ カンパーナ地域に位置しています。こ の地域で栽培されたコーヒーは、サンタアナ火山がもたらす肥沃な火山灰土壌の下、素晴らしいフレーバーを醸し出 します。また、コアテペケ湖からの穏やかな風と降雨量などの微気候がチェリーの生育に好影響を及ぼしています。
生産者のロベルト ウジョア氏は、荒れ地同然であった ディビナ プロヴィデンシア農園を13年前に購入し、小規模な がら国内屈指の農園へと変貌させました。近年ではエルサルバドルの品評会で入賞経験もあり今年は見事1位を勝ち取っています。同農園では伝統的な栽培方法を継承しつつ、有機肥料を使ったり伝統的な観測法に基づき剪定をしたり栄養組織を管理したりと様々な取り組みを積極的に 行っています。

プロヴィデンシア農園ではケニアで作られたSL28という品種を使っており、ジューシーで甘さのボリュームのあるコーヒーに仕上がっております。