バリ島で私たちが一緒に作っているコーヒーが入荷しました!

2021.07.04
サムネイル

BATUR BALI – INDONESIA

焼きリンゴやアメリカンチェリーの果実味。フロランタンを思わせるキャラメリゼした焼き菓子のような丸い甘さと、後味のルイボスティーの風味。余韻の甘さも長く続く。

 

生産地: Batur Mountain, Bali

精製所: Eco bike coffee

生産者: Bayu, Yuni

標高: 1,300m

精製: Washed

品種: Kopyol

生産協力: Yuma , Hirotaka

 

BATUR BALI – INDONESIA 150g: https://lightup.stores.jp/items/60eba9e900790651b4505188

BATUR BALI – INDONESIA 500g: https://lightup.stores.jp/items/60ebaa2bf568515285981250

コーヒー豆WEBショップ: https://lightup.stores.jp/

生産ストーリー

3年前にLight Up Coffeeが建設した精製所から今年も新しいコーヒーが届きました。

今回のクロップでは、今までBaturエリアの24の農家さんからコーヒーチェリーを購入していましたが拡大して50もの農家さんからチェリーを購入できるようになり買付料、生産量ともに増えました。

また乾燥工程では通常、発酵・水洗工程が終わった後は外のアフリカンベッドで余分な水分を抜く為に一次乾燥を行ってからビニールハウスに持ち込んで二次乾燥に移るのですが、前半の乾燥工程を円滑に進める為にファンを設置しました。

今回のクロップで新たに登場したのがスクリーンサイズでの選別。ロースターでもある生産者のバユさんの配慮で比較的大粒のBesarと小粒のKecilに分けてもらい、より焙煎しやすくなりました。

生産ストーリーはこちらから

宮崎弘隆の精製所レポート – バリ島にできた新しい精製所

宮崎弘隆の精製所レポート2 – コーヒーの品質改善

宗像真奈美の精製所レポート – バリ島の農家の暮らし