コスタリカのビジャサルチ品種、レッドハニー精製のコーヒー。

2021.07.04
サムネイル

TRES MIRAGROS – COSTA RICA

加熱した柑橘を思わせる果実感と、クッ キーのような甘い風味が特徴。全体的に優しく柔らかい味わいのコーヒー。

 

生産地: Cartago

生産者: Nelsyn Hernandez

支援: Santuario Project / Camilo Merizalde

標高: 1,650m

精製: Red Honey

品種: Villa Sarchi

 

定期便限定で販売中。一般販売はございません。

LIGHT UP COFFEE 定期便 スタンダード: https://lightup.stores.jp/items/5a2a7299c8f22c362f000afd

LIGHT UP COFFEE定期便 ライト: https://lightup.stores.jp/items/5bf11bca434c7220330013b0

LIGHT UP COFFEE定期便 スーパーライト: https://lightup.stores.jp/items/5f9f9f208a45722edd17b946

生産ストーリー

トレス・ミラグロス農園は、2000年代初頭まで約40年、起業家であるホンジュラスの一家が営み、管理がされていました。しかし40年という長い年月ゆえ、次第に管理が行き届かず、良い品質と結果を齎すには程遠い農園運営となっていました。そこで2010年に現在の農園主であるネルシン・エルナンデス氏がホンジュラスからコスタリカへと移り、農園経営を一から見直し、現在のように農園を復活させました。

2013年。ネルシン氏はコロンビアのカミーロ・メリサルデ氏と出会い、トレス・ミラグロス農園にとって新しい挑戦が始まったと言います。カミーロ氏は、コロンビアでサンチュアリオ農園を運営しながら、各国の生産者と共により素晴らしいコーヒーを生産する為に品種や生産処理の研究を重ねていました。そして、コロンビアだけでなくブラジルやメキシコなど多くの土地を訪れ、ネルシン氏と意気投合したそうです。そして当時、農地の復興に目途がついたネルシン氏は、次のステップとして生産処理を中心にカミーロ氏のノウハウを学び、Santuario Projectとして、農園にとって最高品質のマイクロロットを生産しています。

   

ネルシン氏にとってSantuario Projectとのコラボレーションは、トレス・ミラグロス農園復活のターニングポイン トであり、またコーヒー生産の新たな挑戦だとモチベーションを高めています。

 

Santuario Project

1998年サンチュアリオ農園を興したカミーロ・メリサルデ氏は、自身の農園で最高品質でユニークなコーヒーを生産する事を夢見て、様々な試行錯誤を繰り返しながら、コーヒー生産への知見を深めていきました。2010年。 彼はコロンビアで培ったノウハウを活かし、世界中のコーヒーを素晴らしい品質でマーケットに供給したいと思うようになります。

そして、コーヒーを生産する各地を回り、多くの生産者と出会いながら、2017年にSantuario Projectを発足。コロ ンビア、ブラジル、コスタリカ、メキシコの4か国のパートナーたちとユニークで最高のコーヒーを作ろうと動き出 しました。