LIGHT UP COFFEE 7周年記念のブラジルCOEロット

2021.07.19
サムネイル

COE 2020 #20 CAIXETAS – BRAZIL

ライトアップコーヒーの7周年記念豆。レーズンやりんご、杏のような果実味。烏龍茶のような印象もあり風味は複雑だが、飲み終わりまで優しさが続く。

 

生産地: Guimarânia, Cerrado Mineiro

農園: Fazenda Caixetas

生産者: Vinicius Wagner Ignotti

受賞: Brazil COE 2020 #20

標高: 1,080m

農園面積: 109ha

精製: Natural

品種: Acaua Novo

 

コーヒー豆WEBショップ: https://lightup.stores.jp/

生産ストーリー

Ignotti一家はイタリア・ポルトガル系の移民の 子孫であり、一家のコーヒー生産への歩みは1986 年に始まりました。

Vinicius氏の祖父にあたるSebastiao Almeida氏 は、家族が一緒に生活できるよう、娘のLucia Elisa Ignotti氏と義理の息子のRicardo Vagne Ignotti氏 をParanaからMinas GeraisのPatrocinioへと呼び 寄せ、彼らに小さな土地を与えました。

こうしてコーヒー生産はPatrocinioのChapadao de Ferroと呼ばれる地域にて始まりました。その後 Ignotti一家は農園を拡大させるために、最初の農園を売却して同じ地域にある更に大きい農園を購入し、現在までコーヒー生産を続けてきました。

2016年には、Minas GeraisのGuimaraniaにある 当農園Fazenda Caixetasを購入し、こちらの農園 での2回目の収穫から、Specialty Coffee生産への 取り組みを開始しました。

現在農園は4代目で28歳のVinicius Wagner Ignotti氏と父のRicardo氏によって運営されており、母のLucia氏は農園の事務管理を担当しています。

Ignotti一家はSpecialty Coffee生産のために常に 研究を続けており、環境に配慮しながら様々な取り組みを続けています。

当COE入賞ロットは、チェリーの中でも完熟度の 最も高いコーヒーを選別して作られています。収穫 されたチェリーはパティオに広げられ、約14日間 乾燥工程をとります。その後コーヒーはサイロに入 れられ、水分が全体に馴染んで均一化するように休 ませます。