上品で優しいボリビアのコーヒーが届きました、「モーゼスモジョ」

MOISES MOLLO - BOLIVIA

上品な酸と甘さのバランスに秀でたコーヒー。あんこクリームのような優しい甘さとなめらかな口当たりで、リンゴの印象が穏やかに香る。

生産地: Comunidade, Loa, Caranavi
生産者: Moisess Mollo
農園面積: 2.2ha
標高: 1,780m
精製: Washed
品種: Typica, Caturra 

生産ストーリー

ボリビアのコーヒー生産地は南ユンガス(タケシ) 北ユンガス(カラナビ、コロイコ)に分けられます。
もともとボリビアではアルティプラーノと呼ばれる、ラパス近郊の高原地帯がスペイン人入植者によって開拓されました。 そこは金、銀、すずなどの鉱山資源は豊富にありましたが、4000mに近い冷涼で過酷な環境は農業には適しませんでした。 そこでアルティプラーノの住民たちは、肥沃で気温も穏やかで過ごしやすいユンガス地域に「降りて」 きました。
先にコーヒー生産が栄えたのはタケシなど、ラパスに近い場所でしたが、よりコーヒーに適したコロイコやカラナビに産業が移ってきました。 そしてカラナビはボリビアコーヒーの首都と呼ばれ、同国コーヒーの一大集散地となりました。
モーゼスモジョ氏の農園はこのカラナビを取り巻く山の中腹にあります。 チェリーは真っ赤な実だけを丁寧にセレクトピッキングし、農園の中の小さなウェットミルで生産処理され、サスペンディド・パティオ(棚)にて天日乾燥させます。
特別な化学肥料などは与えず、雑草も手作業で刈り取っていますが、深く緑に輝く葉を見ると、その土地の肥沃さがよくわかります。