ルワンダの優良協同組合から素晴らしいコーヒーが定期便で登場、「ミビリマ、ルワンダ」

MBILIMA - RWANDA

ルワンダらしい果実味と甘さが心地よいコーヒー。マンダリンオレンジが弾け、ホクホクのサツマイモの甘さに包み込まれる。後には紅茶の様な余韻が優しく続く。

生産地: Gakenke
精製所: Mbilima washing station
協同組合: Dukundekawa Musasa
生産者: Smallholders
標高: 1,800~2,100m
精製:  Fully Washed
ロット: 3004
品種: Bourbon

生産ストーリー

Dukundkawa Musasa 協同組合は2000 年創立。場所は北部Gakenke(ガケンケ)
地区に位置し、近くにはGorilla Mountainがあります。

約300名の農民により生産が始まり約 20%が女性。

3基のウォッシングステーションがあり、Mbilima (ミビリマ)は Mbilima Cellにあります。2007年より稼働開始され、Mbilima 地区の616 の農家から運ばれたチェリーからコーヒー豆を精製。72ヘクタールの土地で生産されるチェリーはオーガニック国際認証を複数受けています。


農園の標高は1,800-2,100mで丘状の地形、ウォッシングステーションは標高2,200mと非常に高い標高を誇っています。

アフリカンテーブルの上で豆の選別。パーチメントは天日干し約24日間(期間は天候次第)。年一回の収穫の時期は3月から10月、精製時期は6 月から10月です。

土壌は pH5.1酸性、沈泥砂の土。気温は17-18 度で安定しています。

コーヒーの木は約 2-2.5mのスペースで植えられ、1ヘクタール約2,500 本の木が育っています。小規模農家により栽培され、1農家あたり約 200 本のコーヒーの木を保有栽培。雨量は年間約 1,300 -1,400mm。

ミビリマで生産されたコーヒーは、標高2,000mを超える高地の丘で、農家の細かい配慮によって心を込めて生産されています。また、収穫された日にちで細かなロット分けがなされています。

ムササ地区は、有名なかつてのMibambwe国王の住居跡にあり、毎年一度農民は次のシーズンに備え、国王にコーヒーの種を捧げます。それにより人々はかつての王国の力と勇気を与えられると信じられています。国王は遠い昔に去りましたが、ムササ地区の農民は、デュクンデカワ協同組合としてムササ地区に集まり、情熱をもって最高のコーヒー豆の生産を目指し続けてきています。

デュクンデカワ協同組合は、組合員のルワンダ農民の高度な生活水準を確保し、経済面、環境面でも、サステイナブルなコーヒー産業を実現してきています。

2005 年にフェアートレード認証取得以来、2010年にはルワンダ COE で第二位受賞の栄誉を得たコーヒー豆を産出。

ブルボンコーヒーの最高の品質を提供するために、農家はチェリーの生産に最善の配慮をし、ウォッシングステーションでは、手選別、洗浄、発酵、グレード分け、選別、乾燥、各工程において最高の作業・品質管理を行い国際市場へ出荷。


ミビリマから出荷されたコーヒーは 2018年COEにおいても、2個のロットが入賞しています。

ムササ/デュクンデカワ生産生豆のCOE受賞実績:
2008, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2018

管理された高い品質・生産管理より、以下の国際認証も得ています。
・FTO (Fair Trade Organic)(フェアートレード・オルガニック・EU& USDA/USA)、
・RA (Rain Forest)(レインフォリスト ISO/IEC 17065 基準)、
・UTZ(Largest Sustainability program in the world in Coffee)(世界最大の持続可能プログラム・コーヒー生産・本部オランダ)、
・C.A.F.E. Practices (Environmental standard by Starbucks)(スターバックスの環境基準認証)