久々の取り扱いとなる大粒品種のコーヒー、「ミチコイ、グアテマラ」

MICHICOY - GUATEMALA

爽やかながらも甘さで纏まっているコーヒー。青りんごや生のプルーンが明るく伸び、ナッツ入りクッキーのような甘さが穏やか。茶葉の香りがスッと広がり、消えていく。

生産地:Michicoy, San Pedro Necta, Huehuetenango
農園:10 farms in Michicoy
標高:1,700m
精製:Washed
品種:Maragogype

生産ストーリー

本ロットは、Xinabajul Project(下記参照)へ参加する農園から集められたチェリーのうち、Maragogypeのみを選別して作られたロットとなっています。チェリーはSan PedroNectaのMichicoyエリアにある約10農園から集められていま
す。集められたロットは全てカップされ、86点以上のMaragogypeのロットのみが選別されています。ロットをカップした際に、カップ毎にバラつきがある場合や、アンクリーンで微かに醗酵系の怪しさがある場合など、少しでも品質に懸念があった場合には、ロットを更に細かく分けてカップし直しています。Maragogypeは生産量が元々少ないこともあり、最小で約500gまでロットを小さく分けて管理しています。また、ドライミルでは、スクリーンサイズの測定や、密度の測定、色差選別などを行い、品質管理を徹底しています。


Xinabajul Project 

本プロジェクトでは、ウエウエテナンゴ県内の小規模生産者たちが協力し、各地域の近隣で小さなコミュニティを作って、共に品質改善・向上に取り組んでいます。このプロジェクトの指揮を執るのは、ウエウエテナンゴ県サン・ペドロ・ネクタ地区に位置するロスマ農園のオーナーであるMr.Fredey Moralesを中心としたMorales Familyです。彼ら自身だけでなく、”ウエウエテナンゴ”として、世界中へ高品質なコーヒーを広めることをゴールとしています。