ミルクチョコレートのような甘さのバレンタインコーヒー、「パッセイオ」

PASSEIO - BRAZIL

しっとりとした甘さが心地よいコーヒー。口溶けなめらかなミルクチョコレートや、イチジクの印象が柔らかく広がっていく。 

生産地: Monte Bello, Minas Gerais
農園: Fazenda Passeio
生産者: Adolfo Henrique Vieira Ferreira
農園面積: 320ha (coffee area 150ha)
標高: 1,100-1,200m
精製: Natural
品種: Bourbon, e.t.c.

生産ストーリー

FazendaPasseioは南ミナス地区のコーヒー生産地帯のほぼ中心に位置するMonte Beloにあります。 標高1100m~1200mの丘陵地帯に農園が広がっており、火山性ミネラルを含んだ肥沃な土壌に恵まれてい ます。
植付けのための土壌整備からコーヒーチェリーのピッキングまでの作業は、訓練され、技術を持った作業者を効率的に活用することから成り立っています。当農園は、3世代にわたりコーヒーの生産を行っており、その都度生産技術の革新を行い、効率性の向上を求めています。自然環境に対する配慮も抜群で、75ヘクタールの自然林を残しており、病害虫対策にペストバランスを活用して農薬の使用量を減らしています。作業者の生活、教育環境の整備等社会問題の解決にも積極的に取り組んでいます。


生産処理方法でNatural/Pulped Natural、品種でMundo Novo/Bourbonと多様な商品をそろえ、COEやLate Harvest Competitionの常連として、世界のスペシャルティコーヒーのロースターに知られています。COEの前身であるITCのグルメコーヒープロジェクトの農園として1997年に初めて水流によるチェリーの比重選別機とグリーンセパレータを導入したことも、Passeioの品質に関するアドバンテージを維持する要素となっています。