【農園ツアー開催レポート】バリ島コーヒー農園ツアーを開催しました

こんにちは、LIGHT UP COFFEEの川野優馬です。

この度私たちは2018年より自分達の精製所をつくりコーヒー生産を行なっているインドネシアのバリ島にて、コーヒー農園ツアーを開催いたしました。

今回のツアーの様子を写真と共に紹介してみようと思います。

 

これから第2期として、6月〜7月にも開催をする予定なので、ご興味のある方は下記のページより詳細をご覧ください。

バリ島コーヒー農園ツアー2023開催のお知らせ
https://lightupcoffee.com/blogs/news/balicoffeefarmtour2023

 

1日目: 生産地へ

 

初日は空港で集合し、参加者のみなさんと共にバリ島北部のバトゥール山の麓にあるカフェまで向かいました。

道中では、現地のコーヒー生産チームのリーダーであるバユさんの家族が運営するお店で、バリ島ではごちそうである「バビグリン」(豚の丸焼き)をランチに食べました。

その後近くの標高1,300mほどの農園に立ち寄り、初日からコーヒー農園をみんなで探検しました。

このツアー実施時の4月末はまだ標高が低いエリアで収穫が始まったばかりで、コーヒーチェリーは気温が低いほど成熟に時間がかかるため、初日に寄った高標高の農園ではまだチェリーは実っていない状況ではありました。

そんな生育途中のコーヒーチェリーの様子を見ながら、品種や農園の整備、収穫期などのお話をして、夕方ごろカフェに到着しました。

 

 

カフェでは、下の精製所で精製したコーヒーを焙煎し提供しています。ツアーの参加者はコーヒーメニューは自由に好きなだけ注文していただいているので、ドリップを精製方法違いで飲み比べてみたり、ラテを飲んでバリ島の牛乳の甘さを感じてくれていたり、バリスタの参加者の方は自分でドリップに挑戦していたりと、自由にカフェの時間を過ごしました。

 

夜はカフェで夕食をとり、下の宿泊小屋まで5分ほど歩いて降りていきました。この頃には参加者さんみなさん仲良くなっていて、夜はそれぞれキャビンの横などで色んなお話を楽しんでいました。

 

2日目: 収穫〜精製

 

翌朝は自然の中にあるキャビンで目覚めます。

部屋はドミトリーで2~4人でシェアする形なのですが、コーヒー好きな参加者さん同士ということもあり、年齢や仕事の垣根を超えてみなさん仲良く過ごしていただけました。

朝の山の景色が素晴らしく、6時半ごろから日の出が始まるため、早起きして日の出を見る方も結構いらっしゃいました。

 

そしてカフェに集まり朝食を食べた後、早速農園へと向かいました。

農園への移動はトラックの荷台や、小さなトラックのシートに乗ったり、好きな車に乗って3台くらいに分かれていきました。僕のおすすめは荷台です。一番外の景色と空気を肌で感じられます。

 

この4月に収穫期を迎えている800~900mの標高の農園へ行き、午前中いっぱいコーヒーチェリーの収穫を行いました。

まずはバユさんから農園の紹介や、チェリーの収穫の仕方をレクチャー。そしてみんなでカゴを持って、はぐれないように気をつけながらも農園内を自由に移動しながら収穫していきました。

 

 

この時は現地の方が収穫作業を実際に行ってもいたので、慣れている現地のピッカーさんがどんなペースでどんなふうにコーヒーチェリーを収穫するのか見ながら、そして摘み方を教えてもらいながら、みんなでカゴいっぱいにチェリーを収穫しました。

 

農園のにおい、音、農家さんの仕事、まるっと体験した後は、カフェに戻ってランチ、コーヒー休憩です。

その後はカフェの下にある精製所にいって、収穫したチェリーを早速精製していきました。

 

 

まずは、チェリーの水洗。砂埃を落としつつ、水に浮いたチェリーをはじいていく「フローター選別」を行います。そして次に木の作業台にチェリーを並べ、ツアー参加者のみんなで熟度選別を行いました。

チェリーは摘む段階で完熟のものを選んで手摘みしていますが、どうしても深い赤色の完熟のものと、熟しかけ、未熟のものも混ざって収穫してしまうため、ここで改めて完熟だけに揃えていきます。

みんなで精製作業を進めながら、精製工程1つ1つの意味や仕事を説明していきました。

 

次にチェリーの皮むき。「パルパー」と呼ばれる皮むき機を使って、皮むきをしていきます。皮を剥かれたコーヒーはベタベタの糖分の膜「ミューシレージ」がついているため、これを溶かして洗い落とすために、タンクに入れて発酵させていきます。

ここまで精製を進めると、もう気づけば夜。精製所と宿泊小屋の間にある食事スペースでBBQをしました。

コーヒー生産者さんたちも一緒に参加したので、彼らとお話ししながら楽しい夜を過ごしました。

 

3日目: 水洗、ビーチへ

最終日は朝からコーヒーの水洗。発酵が終わったコーヒーを見にいきます。コーヒーが泡立って、発酵が進んだ様子やその香り、質感を確かめます。

そして、手作業でみんなでコーヒーを手洗いしていきました。

 

 

水洗が終わったコーヒーは乾燥ベッドへ。これで精製の全工程が終了です。

ここで3~4週間かけて乾き切ったコーヒーは脱穀され、生豆となり、焙煎することで見慣れたコーヒー豆となっていきます。

 

この後はランチをして、カフェでの最後のコーヒーを楽しんだり、あっという間に仲良くなったカフェのバリスタメンバーと最後お別れの挨拶をして、空港の方へと向かいました。

 

そして、最後はビーチでシーフードを食べて、空港で解散です。

とても濃密なコーヒー生産体験の時間をみんなで過ごすことができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

 

コーヒー農園に行って見学するだけでなく、一緒に生産者と一緒に全工程に参加してみて、みんなで五感でコーヒー生産を楽しみました。

2023年のバリ島コーヒー農園ツアーはあとは6〜7月の開催分で終わり。来年2024年もできる限りツアーを開催したいと思っておりますので、ぜひみなさんご参加お待ちしております!

 

バリ島コーヒー農園ツアー開催の詳細・募集はこちらより
https://lightupcoffee.com/blogs/news/balicoffeefarmtour2023

Featured collection

コーヒー豆

コーヒー豆の定期便コーヒー豆の定期便

コーヒー豆の定期便

送料無料

¥1,500から
SINGLE ORIGIN TASTING SETSINGLE ORIGIN TASTING SET

SINGLE ORIGIN TASTING SET

季節のオススメ

¥1,700から
EL INJERTO - GUATEMALAEL INJERTO - GUATEMALA

EL INJERTO - GUATEMALA

SWEET

¥2,200から
BULAMBULI - UGANDABULAMBULI - UGANDA

BULAMBULI - UGANDA

JUICY

¥1,800から
LA CANDELILLA - COSTA RICALA CANDELILLA - COSTA RICA

LA CANDELILLA - COSTA RICA

SOFT

¥1,600から